2007年01月

2007年01月31日

書道作品 創作 「裕 ゆた・か」

書道作品 創作 「裕」

 



 

 

 

 

意味:心がひろくこせこせしない。等。

山の風景画をイメージしました。


書道作品 創作 「豊 ゆた・か」

書道作品 創作 「豊」

 

 

 


 

 



意味:大きくゆったりとして満ち足りる意。等。

太い線よりもっと太い線があれば
元の線は細いと言うことになる。


中学生用 書道 手本13 「古都奈良」

中学生 13 「古都奈良」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

奈良だって奈良時代の奈良ではない。
私も50年後には確実に骨だけになっている。


中学生用 書道 手本12 「植物標本」

中学生 12 「植物標本」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

手本の書風も時間と共に変化する。
何一つ永遠に続く物はない。
そして確かな揺るぎない物こそは「変化」である。


2007年01月30日

書道作品 創作 「歴 レキ」

書道作品 創作 「歴」

 



 

 

 

 

意味:すでに経過した事がら。等。

ふわっとしていて
もう手に取る事が出来ない過去。
しかしその存在は消えない。


中学生用 書道 手本11 「新聞原稿」

中学生 11 「新聞原稿」

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

行書では「稿」の様に
古典の字体も自由に使える。


2007年01月27日

書道作品 創作 「場 ば」

書道作品 創作 「場」

 

 

 


 

 

 

意味:ところ。
   場所。等。

かつていた場所は
どうなっているのだろう
今居る所より
親しみがあるように感じられるのだが
ここは本来のそれなのか
もう何処へも行きそうにない
夢が小さくかすんでゆく
他へ行きたいと思いながら
遙かな思いを抱いて
何処へも行かないだろうと思っている


中学生用 書道 手本10 「社会道徳」

中学生 10 「社会道徳」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

にんにゅう(しんにょう)の二画目の起筆を右下がりにして
柔らかさと流れを出す。

 


中学生用 書道 手本9 「駅前広場」

中学生 9 「駅前広場」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

払いや跳ねは流れに沿ってゆるやかに。
それから「鳥」「馬」「黒」などの四つの点は
略して三つの点にすることがある。


中学生用 書道 手本8 「出発する」

中学生 8 「出発する」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

漢字が行書の時は
仮名も少し柔らかめにする。


2007年01月26日

書道作品 創作 「衆 シュウ」

書道作品 創作 「衆」

 



 

 

 

 

意味:多数の人。等。

ここで「人が何も出来ない」
という事の内容を書いてみようと思う。

この世は天国ではない。
どんなに希望を持とうが
それは決して実現しない。
希望とは
憧れ眺めるものなのである。

幸せとはその状態を言う。


2007年01月25日

一般 書道 手本0840 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「貪以成私」

一般書道手本ー0840

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

良い書は、
特殊性があって
なおかつ
全てを含む。


一般 書道 手本0839 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「縦暴易乱」

一般書道手本ー0839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「質の高さ」とは、
値段が高い事、
有名である事、
異性に好かれる事、
知能が高い事、などと一切関係がない。


一般 書道 手本0838 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「國之人是」

一般書道手本ー0838

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

世の中の規範は
「正確さ」ではなく「質の高さ」でなければならない。
そんな事を教えられた。


2007年01月24日

書道作品 創作 「挑 いど・む」

書道作品 創作 「挑」

 



 

 

 

 

挑み過ぎて
転びそうです。


書道作品 創作 「しんみり雪ふる小鳥の愛情」

書道作品 創作 「しんみり雪ふる小鳥の愛情」

 



 

 

 

 

山頭火(さんとうか)の句。

白い景色の中で
小鳥が生命の息吹を
感じさせてくれたのか。

雪の中の
丸くて小さな生き物。

 


中学生用 書道 手本7 「朝の雲海」

中学生 7 「朝の雲海」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

線のつなげ方にはパターンがあり、
自分の感性にしたがって書き分けると良いと思います。


中学生用 書道 手本6 「公共事業」

中学生 6 「公共事業」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「業」や「楽」などの下の部分はこのように書きます。


中学生用 書道 手本5 「記念写真」

中学生 5 「記念写真」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

ごんべんは崩し過ぎかも知れません。


2007年01月22日

書道作品 創作 「要 ヨウ」

書道作品 創作 「要」

 



 

 

 

 

意味:かなめ。
   物事のしめくくりとなるだいじな所。等。

「動かざること山の如し」的に書いて
重要性のあるべき姿を表現してみた。


書道作品 創作 「康 コウ」

書道作品 創作 「康」

 



 

 

 

 

意味:やすらか。
   からだがたっしゃ。等。

自由に動き回っている感じを出そうと思った。
若い人というよりも
元気なおじいさんの様になった。


中学生用 書道 手本4 「毛筆習字」

中学生 4 「毛筆習字」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

なるべく大きな変化をつけずに書いたつもりですが
どうでしょうか。
それとも、せっかく勉強するのだから
中身をさらけ出して
構造を明らかにするべきでしょうか。


一般 書道 手本0837 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「之残示四」

一般書道手本ー0837

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「残」のように大きな文字は
同じ比率で書くと小さく見えてしまうので
少し変形して存在感を出してみた。


一般 書道 手本0836 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「間侈殺傷」

一般書道手本ー0836

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

法帖(ほうじょう=手本)のこのあたりの部分は
迫力のある所なので
負けないように頑張りたい。
文章の内容から来ていると思う。


一般 書道 手本0835 臨書 光明皇后 楽毅論 こうみょうこうごう がっきろん 「於ニ城之」

一般書道手本ー0835

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

人間に出来る事は一つも無い。
今はそれだけ言っておきたい。
もっとはっきり言える時が来たら
自信を持って説明したい。
でも死の瞬間まで無理かも知れない。


2007年01月20日

書道作品 創作 「毅 キ」

書道作品 創作 「毅」

 



 

 

 

 

意味:意志がかたい。等。

これはレンブラント(17世紀・オランダの画家)風の
自画像である。

レンブラント:自画像

 

 

 

 



   


中学生用 書道 手本3 「給食当番」

中学生 3 「給食当番」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

興が乗って来ると、
バランスが悪くなるのが
かえって嬉しくなる。
必ずバランスを取り返せる自信が
モリモリ湧いて来る。


中学生用 書道 手本2 「伊勢神宮」

中学生 2 「伊勢神宮」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

行書では、動きが形になって行く様子がよく分かる。


中学生用 書道 手本1 「文具表紙」

中学生 1 「文具表紙」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

日常では
圧倒的に行書を書く機会が多い。
手本を見てよく練習すると
気品のある崩し方が身に付く。


2007年01月18日

書道作品 創作 「芸 ゲイ」

書道作品 創作 「芸」












意味:芸術。等。

良い芸術作品は
乱れた心を正気に戻してくれる。
私は何度も救われた。
何がそうさせるのか
時間の許す限り追求してゆきたい
そして自ら納得した「無」になりたい。



最新コメント
QRコード
QRコード