2006年01月19日

現代の書道家はどうあるべきか。

kakku
 
   遅くなりましたが、 書と関わっている方々及び全く関心のない方々、  始めまして、葛空と申します。現在の予定ではこの後何十年もブログを書き続けてゆく所存でありますので、宜しくお願い致します。
 葛空とは私の育った葛飾区の空。幼い時から当たり前にあった、特定のイメージの無いものを名前にしようと思って自分でつけました。
 書というものの正体を、歴史を見直す事によって明らかにしていきたいと思っています。その中で、気をつけなくてはいけないと思っているのは、若い頃にすり込まれた、これはいい物だ、という物に対して再確認を怠らない事だと思っています。当たり前だと思っていた事への他人からの批判を恐れないで、門を閉ざさないようにしていこうと思っています。
 皆さんは、書に対してどんな印象をお持ちでしょうか。やはり自分の手で綺麗に書けたら、という感じでしょうか。或いは、手書きの書を見ていると癒されるという感じでしょうか。又、芸術的な書は読みにくくていやだ、という感じでしょうか。
 書や絵画などの美術品は、有名な物しか観に行かないという日本人の今の風潮の中で、大きな会などによる書道・美術展は、それぞれの会に所属している人が自分の会の展覧会を観に行くだけで、他の会は観ない、そんな風になっていると思います。狭い世界の中で、先生の作風及びその会の作風に終始しているように思います。他流の物もよく観て、厳しく自分の物を批判するべきではないでしょうか。そして、他の会の人に批評してもらうことだと思いますが、遠慮してしまって、言ってくれないのでしょうか。それでうまく収まっているのなら、会が存在している価値はないと思いますが、いかがでしょうか。会が存続している価値は、作品の向上の為なのではないのでしょうか。日本人が今大切にしている有名な作品はそう教えてはいないでしょうか。作品を殺してしまうシステムが今後も長く続くのならば、いずれ日本人の中では有名な作品も金銭的価値しかなくなってゆくでしょう。 
shoart at 06:23│Comments(0)TrackBack(0)自己紹介 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード