2006年01月20日

このブログの読み方

左の「目次」からご覧になりたい項目を選択して下さい。
「書道手本」には、楽毅論、千字文、九成宮醴泉銘等の臨書を収録しています。
なお、批評や感想は自由にコメント欄にお書き下さい。トラックバックも受け付けています。
また、画像はクリックすると大きくなります。


- Guide -
Please select the item that wants to see from left "Contents". Write from a copybooks of classics are collected in "書道手本:Model of SHODO". The track back is accepted in case of the article related to the art.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード