2006年01月31日

書道家葛空の詩

上野動物園のゴリラ






「久しぶり」

古い机。
引き出しの中は古い物でいっぱい。
窓からの静かな日差し。
机の上に光と陰のコントラスト。
まぶしくてよく見えない。
昨日使った筆が気持ちよさそうに横たわっている。
遠い過去の中にいるような午後一時。
太陽のにおいが思い出させるのは
古い思い出。
ピントのぼやけた映像。
過去は私を責めない。
私も過去を責めない。
そして、過去の私は過去の私を責めない。
きっと、新たに何も出来ないからなのだろう。
こんなに穏やかになれたのはいつ以来だろう。

現実の世界が全部昔の風景と入れ替わった。

Calligrapher Kakku's poetry

"After a long time"

Old desk.
It fully : with an old thing in drawing out.
Quiet sunlight from window.
The contrast of light and the shadow on the desk.
It is dazzling and doesn't see it well.
The brush used yesterday lies pleasantly seem.
1 PM that exists in deep past.
It is old memories that the smell of the sun recalls.
Image that focus grows dim.
I am not blamed in the past.
I do not blame the past either.
And, I past do not blame me past.
It is surely because anything cannot be newly done.
When it able to become calm so much?

All real worlds changed places into old scenery.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード