2006年02月07日

書道家葛空の随筆

新宿御苑





「人との交わり方」

 50歳近くになってやっと分かったことを書いてみる。
 人との関係で自分が持っている希望は、相手から否定されない。
 そしてそれは相手を知っていればいるほど容易になる。平穏にしたければそうすればいい。こっちが壊しても本物の関係ならば必ずうまくいくなんて言うことはない。それは思い通りに壊れてゆく。
 たくさんの誤解は悪い方向にも希望する方向にも自分次第で動いてゆく。なんてすんなりいくんだろう、とこの前思った。ほのぼのとしてしまった。ありがたかった。
 そして、こういう対応が出来たのは自分一人の能力ではなくて、人との会話の中で発見したことだった。元々は書とのコミュニケーションの重要性の発見から発していたのが、人とのそれに発展したのだ。書と人に感謝して止まない。


Calligrapher Kakku's essay
"How with person to associate"

I became 50 years old near and finally
understood. It is not refused that he is wishing
because of the person by the person.
And, the more the person knows,
the more hope is fulfilled.

It only has to do peacefully so.

It is not said that it goes well without fail
in case of the relation of the real thing
even if here destroys it. It breaks according
to the desire.

The misunderstanding moves in the
direction for which it hopes in a bad direction
depending on me. I thought how easily
go going the other day.
It has heartwarmingly made it. It was welcome.

And, it was a favor to be able to do
such correspondence discovered in the
conversation with a certain person.

Having originated from the discovery of
importance of communications with calligraphy
has originally developed into the interpersonal
relationship.

I do not stop in appreciation for calligraphy
and the person.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード