2006年02月10日

書道家葛空の詩

旧新橋駅舎





「季節」

あれは夏の出来事だった
しかしもう覚えていない
誰か教えてくれ
何処かに行ってしまった記憶を

夏の終わりから

冬へ
季節は移った

涙もろくなった心には
テレビに映ったペットの犬の死は
耐えられない
昔飼っていた金魚を思い出させる

Calligrapher Kakku's poetry

"Season"

That was an event of summer and teach
someone no remembrance any longer, please.
The memory to have gone somewhere

From the end of summer to autumn
And, the season moved to winter.

To the mind that became easily moved to tears
The death of a pet dog that reflects
in the television cannot be endured.

The goldfish that had kept it in old times
is made to recall it.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード