2006年02月11日

書道家葛空の随筆

横浜夜景





術の力」 
 冷静に考えてみた。
 そもそも書などの芸術や学問などは、いかに素晴らしい物であっても、世間に広がってゆく物ではない。それは個人が追求してゆく物であって、面白くも可笑しくもないことなのである。世間の人が欲しいと頭にすり込まれていることに対して行動するのは分かる。面白くなくてもその方面には積極的である。俗な欲求などがそれである。又受験もその一つであろう。これらは非常につまらないにもかかわらず、人気が衰えない。欲するとは、楽しいからでも気持ちいいからでもない。ある組織などに意図的に方向付けられているのだ。低俗な欲求も本能のように思われているが実は、国の人口維持のために仕組まれたシステムに他ならない。そうでなければ、あんなつまらない物誰も振り向かないし、とっくに禁止になっている。日常を浸食してしまうからだ。受験も国によって仕組まれている。我々は芸術や学問を日常に於いてそれほど欲しているだろうか。金儲けというシステムに組み込まれているから仕方なくやっているに過ぎない。金儲けも国の資金調達のために仕組まれたシステムなのである。
 我々は楽しさから苦しみまで操作されていると言うことになる。考えてみたところで本来なんて言うことは何処にもなさそうである。では何故学問や芸術を研究するのか。もちろん国のシステムとしての面はある。悪循環の一部として。あえて簡単に暴いてしまえば、体裁と軍事力の為なのである。科学なんてその最たる物である。今日も熱心に誰かが研究しているに違いない。
 体裁のために、相手に自分の優位を見せつけるための手段として日本の芸術は成り立っている。外国に対してである。外国は笑っているが。本当に諸外国を圧倒できる芸術とは、優位を考えないところにある、相手が共感するところにある。
 つまらなかろうが、面白かろうが、芸術にはそうした力がある。一目置かれて大事にされるのである。国も、そこに住む人々も。


Calligrapher Kakku's essay
"Power of art"

It thought calmly.

No thing that extends to begin with at the people
even if the art and the study etc. of the book etc.
are very wonderful things.
It is a thing that the individual pursues, and it is not
interesting and not amusing.
It is understood to print in the head when the
person at the people wants it and for crowding to act.
Even if it is not interesting, it is positive in the district.
A common desire etc. are them.
Moreover, the examination might be the one.

These do not decline in popularity though this is
very trivial. It wants it because of pleasant it is not
because of happiness.
The direction is intentionally put on a certain
organization etc.

Just the system planned to tell the truth for the
population maintenance in the country though a
vulgar desire is thought instinctively.
Otherwise, such every thing doesn't turn around trivial,
and either a interdiction already.
It is because daily life is eroded.

The examination is being planned by the country.
Do we want the art and study too much in daily life?
It only does reluctantly because it is built in the system
named the moneymaking.
The system from which the moneymaking was planned
for raising of funds in the country.

We will say the operation from the enjoyment to suffering.
There seems to be no what originally says even if it
thinks anywhere.
Then, are study and the art why researched?

Of course, there is respect as the system in the country.
Partially of the vicious cycle.
For appearance and military power of dare easy exposure.
The science is the barrel thing.
Someone is sure to be researching ardently today.

The art of Japan consists as a leverage to show off my
precedence to the other party for the appearance.
It is Shite in the foreign country.
Though the foreign country is laughing.

It is really in the place where the other party
sympathizes in being in the place in which the
precedence is not thought with the art that can
overwhelm various foreign countries.

Such power is in the art though it is trivial though
it is interesting.
It is valued acknowledging the superiority.
The country and people who live there.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード