2006年02月17日

書道家葛空の随筆

ゴッホ「オーヴェルの教会」 





「心の目」

 どう書けば素晴らしい作品が出来るのかずっと考えてきた。数知れない失敗を繰り返し、数知れない落胆を味わってきた。どうしてそこから立ち直ってきたかというと、違うやり方が必ずあるはずに違いないと思ったからである。
 失敗すると、目の前に広大な世界が広がってゆく。幾筋もの道が見える。成功していると思っている時には一本の道しか見えていなかったのに。だから次に行くべき道を選ぶ事が出来た。
 その道はどれを選んでも間違いという事はなく、後戻りする必要はなかった。ただ、そのまま行ってもだめだなと思う時にはそのたび挫折した。そうすると、あしもとから幾筋かの道がまた伸びていた。
 そうして思った事は、道を選ぶごとに質が変わってきたと言う事。道が平らになってきたのだ。道ではなくて、広がりになった。空間も広がった。小さな物から大きな物まで自由に扱えるようになった。
 一つだけの道を歩いて行ってはいけない。それが道である以上必ず失敗が待ち受けている。そして失敗に至るまで行き着かなければ次の展開はない。心の目を見開いて、そこから見える全てをありのままに見る事は、見て見ぬふりをする事よりもやりたいことがたくさん見えてくる。


Calligrapher Kakku's essay
"Eyes of mind"

It has thought whether to make a wonderful work
for a long time.
Several has tasted the disappointment that cannot
be known repeating the failure that cannot be known
as for several.

It is because of  why it has recovered , there must
be sure to be a different way.

The vast world extends to the presence if failing.
The road, that is, some streaks is seen.
When thinking the success, only one road were seen.
Therefore, the road to which it had to go as follows
was able to be chosen.

The thing of making a mistake even if any was chosen
was not, and did not have to go back on the road.

However, it failed at that time when thinking it was
useless even if going as it is.
Then, some streak Kano road has expanded from
reeding original again.
The thing of which it thinks and is a thing said that the
quality had changed whenever the road was chosen.

The road has flattened.
It became not the road but an extension.
The space has extended, too.
It came to be able ..liberty.. to treat from a small thing
to a big thing.
Do not walk on only one road.

The failure waits without fail because it is a road.
Moreover, the following deployment doesn't exist
if not arriving until failing.

Eyes of the mind are opened wide a lot, it comes into
view everything seen there in the truth, and wanting
to do comes into view from turning a blined eye to to
the seen thing.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード