2006年02月20日

書道論「現代の人々の書との関わり方」

葛空





書道論「現代の人々の書との関わり方」

 展覧会の中などの限られた中で、外からの目にさらされることなく、出世上手だけが幅をきかせている今の書は遅かれ早かれ死んでゆく。街で見かけるロゴなどの書は、書ではないので論ずるに足らない。
 書だって他のものと同じで、指導者が悪ければ、いくら世の中に広がっていっても意味がない。それどころか悪影響を与えてしまう。
 今の人はどうなのだろう、書も一つのつまらないデザインだと思っているのか。そんなことになってしまったのか。もちろんある意味でデザインだとは思う。全てが商業と関わってしまったから利益ばかりを優先してしまったのか。あらゆる制約の中で表現して行かなければならないのはしょうがないと思う。だがどこかで補(おぎな)わなければならない。商業以外はほったらかし、という訳にはいかない。今の人は欲が無さ過ぎる。全てを同時に欲しなければ、ある一点を手に入れてもつまらなかろうと思うが、どうか。次々と手に入れても意味がない。欲しい物がなくなる訳ではない。全てを同時に手に出来ないのは当然ではある、では何故か。力が無いからである。誰だってそんな力なんて持ち合わせていない。その満たされない気持ちが表現の源になるのである。 常に補いながら全体を得るのである。手に入らなければ作るのである。自分にとって同じ意味のあるものを作るのである。人はイメージで欲する。実物よりもむしろこれを満たそうとしている。ならば、自分で作ることは可能なのである。
 あらゆる人がこのことを実行してゆけば、自然と欲するもの全てが必要になり、一方しか見えない目は無くなってゆくのではないかと思うのです。欲(ほっ)しないものもはっきり見えてくる。そういう目にさらされた時、書は他のものと同時に素晴らしい生命力を取り戻すと思いますが、どうでしょうか。
English version

Calligrapher Kakku's calligraphy theory
"How with calligraphy of modern people for relations"

The current calligraphy for a good promotion will die
because the exhibition of a specific companion is not
exposed to the criticism from the outside sooner or
later.
Because the design of the logotype of the brush open
to the public to the people general is not calligraphy,
it is worth the discussion.

If calligraphy is also the same as other one, and the
leader is bad, it is not significant no matter how it
extends to the world.
However, adverse effects are given.
Does a person today think that a very, and might
the calligraphy is one trivial design by he or she?
Have it come to such a point?
I think that the of course commercial design.
Has all given priority only to the profit with
commerce because it is related?

I think should the expression in the constraint of
commerce not to be able to be helped.

However, it is necessary to supplement
somewhere. It doesn't go to the translation
of oak when carving it excluding commerce.

The desire passes a person today and it passes
it is. Please though it is thought it is trivial even if
a certain point is obtained if it doesn't want
everything at the same time.
It is not significant even if it obtains it one after
another. The thing wanting it is not lost.

Nature of cannot obtain everything at the same
time, and then why It is because of not powerful.

No one has such an ability.
The feelings not filled become sources of the
expression. The whole is obtained while always
supplementing.

It makes it if it doesn't obtain.
The one with the same meaning for me is made.

The person wants it in the image.
It tries to fill this from the thing.
Then, the manufacture is possible for myself.

If all the people execute this, all things naturally
want are needed, and I think that sightless eyes
disappear only on the other hand.

The one doesn't want comes into view clearly.

When exposed to such a criticism, how about
calligraphy with other one simultaneously though
thought that wonderful vitality is regained?


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード