2006年03月03日

詩「月」

江戸川の月






詩「月」

透明な空気と月
真っ黒な漆塗りの空に月
雲が照らされて
並木も照らされる。

冷たい歩道に
僕の陰
他人顔の信号機
別世界のタクシーが追い越してゆく。

つまらない嘘を
思い出に投げかけて
何処にも属さない道を
一人歩く。


Calligrapher Kakku's poetry
"Moon"

Transparent air and the moon

The moon in the sky of jet-black
lacquer paint.

The cloud is shone on and roadside
trees are shone on.

My shadow in a cold pavement.

Signal of others face

The taxi of the another world outstrips it.

I throw a trivial lie on memories.
I walk on one person road in which it
doesn't belong to anyone.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード