2006年03月05日

詩 「出掛けられなかった日」

葛飾区 夕景






詩「出掛けられなかった日」

さわやかな一日、
外に行こうと思っていたが
いけなかった。

もし行っていたらどんなだったろうと思う。
想像では過去の思い出しか出てこなくて
今日の光や風と違っていた。

どうせ大した違いはないと思う一方で
何かあったかも知れないと思う。

さようなら
今日という日。


Calligrapher Kakku's poetry
"Day to which it did not go out"

Fresh day
Though it was thought that it went to the outside
did not have

I think that it might be absorbed if going what.
Only past memories are in the imagination.
It was different from today's light and wind.

The idea as anyway not very different.
I think something might.

Good-bye.
Day of today.



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード