2006年03月12日

詩 「登場前夜」 

化石標本






それは出番を待っている。
感覚をとぎすませ、
わずかな変化も漏らさず感じている。

すでに計画は練ってある。
途中変更も可能になっている。

行動を起こす時は
犠牲を踏みつぶしてもかまわない。
他の人に泣いてもらえばいい。

勝利の為に立ち上がるのではない。
我慢が出来ないからだ。

それは最後に負けるであろう。
自ら進んで。

それでいい。
収まれば
それでいい。


Calligrapher Kakku's poetry
"Night before it appears"

It waits for the turn.
The sense is sharpened.
A little change is not leaked and felt by me.

The plan has already been developed.
The change is also possible on the way.

When you rush into action
You may step on the sacrifice and crush.
Other people only have to cry.

To win, it doesn't stand up.
It is because it is not possible to endure it.

It will be defeated at the end.
Willingly!

And, it is good.
If it installs
And, it is good.


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード