2006年03月17日

詩 「何にも逃げはしない」

葛飾区 中川土手沿いの道






道ばたの雑草に風が吹き
葉を揺らしたって
雲が広がって雨になるわけではない。
なのに不安になってしまう。
もっといいことがあったはずだと思う。

アスファルトをころがり去ってゆく物は
もうそれ以上跡を残す力がない。
知っていたのか
軽く会釈してあきらめて行く。

やり残した作業を片づけよう。
時間が通り過ぎないうちに。
半分冷たくて
半分暖かい人の情。
そういうものなんだな。
もっと良かった筈なんだが、
ゆっくり行こう。
一日が終わっても
今から始まるのだから。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by h.n-dc   2006年03月17日 10:40
3 雑草って強いですね。どこからでも出てくる。僕も早く強くなりたいです。あせらず、急がずにです。
2. Posted by 葛空   2006年03月17日 22:37
こんばんは。
雑草はあまり意識して見ていないので
印象は薄いですが、
強い物というのは目立たなくて
いつでも当たり前にある物なのかも知れません。
私も当たり前になりたいといつも思っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード