2006年07月01日

書道作品 創作「雲鶴 うんかく」

書道作品 創作「雲鶴」s

 

 









雲間の鶴。
優れた人物のたとえ。
また高潔な人物。
雲中白鶴(宋史)

外見をどんなに派手にしても
慣れてしまえば
目立たない。
優れた人物は
どんな外見をしていようが
何処にいようが
輝き続ける。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 海月   2006年07月02日 23:44
力強くてとってもすてきです☆
外見じゃなくて中身。
言葉の重みも感じます。
そんな人に憧れます。
2. Posted by 葛空   2006年07月03日 23:14
こんばんは。
心の広さを持っている人も
「雲鶴」といえると思いますが、
この作品では、
一見して優れた人物と分かる
金属的な輝きを表現してみようと思いました。
そんなにすぐ分かる筈はないかも知れませんが、
憧れを込めて書きました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード