2006年07月11日

書道作品 創作「容 よう」

書道作品 創作「容」s












「かたち・すがた」という意味で書きました。

此処まで書いて来ると
やっぱり自分のスタイルというのにこだわりたくなって来ました。
あるイメージをそのまま置くのではなく、
それだと自分の命を吹き込めないと思いました。
写真を少しずらして二重にする手法に似た書き方をすると、
元の形が動いて柔らかく幅が出て来ます。
これが私の書の居場所のような気がしました。

この作品では、
ミロのビーナスを上記の手法で書いてみました。
「かたち」や「すがた」がそのまま定着したのではないでしょうか。
なおかつ、書としての命も吹き込めたと思っています。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード