2006年07月27日

書道作品 創作「環 かん」

書道作品 創作「環」s






ぐるぐるまわる、と言う意味を作品にしました。

渦(うず)を巻いているアンドロメダ銀河を
宇宙船の窓いっぱいに眺めているところを
想像してみました。
我々の住む銀河系は
これとよく似ているとのこと。
同じように宇宙に輝いて浮かんでいる。
粒子がたくさん集まり
中心では全体が光って
星の区別が付かない。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あっきゅん   2006年07月27日 05:10
私達の目に映る星は実際にはもう、終わってしまっているモノもいますよね。
けれど、終焉と共に再生がある。新しい星が生まれ続ける限り、宇宙は延々と環るンでしょうね☆☆
2. Posted by 葛空   2006年07月28日 02:03
こんばんは。
私達の体も
星が壊れないと出来ない物質から出来ているそうです。
以前にあった星が胸の中で光っているような気がします。
なんて柄にもない事を書いてしまいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード