2006年10月04日

書道作品 創作 「結廬在人境・・・」

書道作品 創作 「結廬在人境・・・」






結廬在人境 而無車馬喧
問君何能爾 心遠地自偏
採菊東籬下 悠然見南山
山氣日夕佳 飛鳥相與還
此中有眞意 欲辨已忘言
         =陶淵明(とうえんめい)=

廬を結びて人境に在り
しかも車馬の喧(かまびす)しきなし
君に問う何ぞ能(よ)く爾(しか)るやと
心遠くして地も自ら偏なればなり
菊を採(と)る東籬(り)の下(もと)
悠然として南山を見る
山気日夕(にっせき)に佳く
飛鳥相與(とも)に還(かえ)る
この中(うち)に真意有り
弁ぜんと欲して已(すで)に言(げん)を忘る

○結廬―いおりをむすぶ。
  問君―己を離れて己を呼ぶので、
  淵明自らいうのである。
  南山―廬山のこと。
  山気―山のけはい。
○引退後の我が家はまちなかにあるのだが、
  車馬の騒音もなく静かだ。どうしてだろう。
  ―それは私の心境が俗事から遠ざかっているので、
  ここの場所まで自然と偏僻
  (へんぺき・都から離れた片田舎)になるんでしょう。
  菊を東のいけがきのあたりで手折り、
  視線をゆっくり南に移すと、
  廬山のたたずまいが目に入る。
  あの山はいいね。
  朝晩の山気がすばらしいな。
  夕方になると鳥たちが還って来るんだ。
  こうした現在の私の日常と環境には
  深い何ものかがあるのだが、
  それを説明しようとすると、
  いつしか、
  表現なんかどうでもいい
  という気分になってしまうのだ。
○淵明はふつう田園詩人といわれるが、
  なまやさしくない。
  練度の極めて高い詩境、心境である。

私なりに感じたこの詩の世界を
楷書(一部行書っぽい)で表現してみた。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード