2006年10月18日

書道作品 創作 「春眠不覺暁・・・」

書道作品 創作 「春眠不覺暁・・・」












春眠不覺暁
處處聞啼鳥
夜来風雨聲
花落知多少
       =孟浩然(もうこうねん):春暁=

春眠暁(あかつき)を覚えず 処々啼鳥を聞く
夜来風雨の声 花落つること知る多少(いくばく)ぞ。

春だ。
つい朝寝坊していると、あちこちで小鳥がさえずる。
そういえば、昨夜は吹き降りだったな。
庭の花もうんと散ってしまったかしら。

今は秋なのですが、
好きな歌はいつでも心に響く
と言うことで書いてみました。
一つ前の「傑」の書き方で漢詩を書くと
どうなるかという実験をしたのですが、
やっぱり書の基本は一字という
結論に達しました。

 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード