2006年11月04日

書道作品 創作 「施 シ」

書道作品 創作 「施」












意味:ほどこ・す。
    設ける。
    行う。等。

その人は
雑踏の中でも
静かなたたずまいでいる。
詩情に包まれている。
いるだけで
大切なものを与えてくれる。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 風   2006年11月06日 21:52
この書を見ていて、奈良の西の京や斑鳩に佇む塔を感じました
どんな天候であろうと世界で何が起こっていようと、すっくと立つその美しさは微動だにしない 美しいものは絶対的に変わることはないのですね

「その人は
雑踏の中でも
静かなたたずまいでいる。
詩情に包まれている。
いるだけで
大切なものを与えてくれる。」

それは人間であろうと、仏像であろうと、塔であろうと。


黒と白の究極の色をこよなく愛します
書は余白の美が素晴らしいです
2. Posted by 葛空   2006年11月08日 01:20
こんばんは。

美しい物は壊れても美しいと思います。
たとえ無くなっても滅んでしまわない。
「美」とは情報ではないでしょうか。
前向きの人や失望している人に伝わっていくもの、
必要としない人には決して見えないもの。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード