2007年01月03日

詩:個人的発見

人それぞれ闇を抱き、
ある時は光を見付けても
すぐに消えて無くなる。

何度も同じ失敗を繰り返し
懲りているのに又やってしまう。

私は或事実を知っている。
それは見知らぬ街にそよぐ風の様に
諦めの淵から立ち上る希望。

知らない事の喜びとは
イコール今だけが全てではないことの証。

感覚を全開にさせ
本当の姿を手に入れる絶好の機会。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード