2007年02月28日

一般 書道 手本1218 臨書 李きょう雑詠残巻 りきょうざつえいざんかん 「重方雨散」

一般書道手本ー1218

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

法帖を書いた人と
人間が違う、
筆が違う、
時代が違う、
紙が違う、
手の形が違う、
物理的に同じに書ける筈がない。
臨書とは「愛」である。(笑)
いや、そんな抽象的な事を言っていてはいけない。

個人的な価値観の世界なのであるが、
説得力がなければいけない。
他の人を納得させる
何かがなければならない。
何かとは、
「考え方」というどんな道具を使っているかである。
色々あると考えがちだが基本は一つである。
私は「陰陽」で書く、
「陰陽」で考える。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード