2007年04月07日

詩:「思い出と共に」

2007.04.01 国分寺での花見











(写真はイメージ)


今風ではないが少し前には最新だった街のデザインは
暖かい空気に包まれている、
どこからか川と人情のにおいがして来る、

少し行くと
暗い川面に白いカモメがゆらゆら浮いていた、
この辺一帯はそれぞれの特徴はあっても似通った雰囲気を持っている、
育った場所は目と鼻の先だった、
みんなウェルカム顔であか抜けている、
粋な心で街が光っている、
久しぶりに仲の良いお爺さんに会ったようだった。

昔から売っている江戸玩具、
和服が飾ってある、
金ぴかの扇子、
洋食レストラン、
天麩羅、
ドジョウ鍋、
蕎麦屋さん。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード