2007年07月05日

書道作品 創作 「独在異郷・・・」

書道作品 創作 「独在異郷・・・」

 

 

 

 

 



 

 

 




 


九月九日憶山東兄弟
九月九日山東の兄弟(けいてい)を憶う
                   唐 王維

読み:独り 異境に在って異客と為る
    佳節に 逢う毎に 倍(ます)ます親を想う
    遙かに知る 兄弟 高きに登る処(とき)
    遍(あまね)く 茱萸(しゅゆ)を插(かざ)せど
    一人(いちにん)を少(か)くを

意味:私はただひとりで他郷にあって、旅に出ている
    者となっている。きょうのようなめでたい節句になると、
    ひとしお親兄弟をなつかしむ心がつのるのだ。きょう
    重陽(ちょうよう)の節句、私の兄弟たちはみんな
    そろって小高い山に登っているだろう。そしてみんな
    頭に茱萸(しゅゆ)の枝をかざして、私ひとりが
    欠けていることに気づくようすがよくわかる。

何かを求めているかの様な書風で書いてみました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード