2007年07月08日

書道作品 創作 「少小離家・・・」

書道作品 創作 「少小離家・・・」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

回郷偶書
郷に回(かえ)り偶(たま)たま書す
                       唐 賀知章

読み:少小にして 家を離れ老大にして回(かえ)る
   郷音(きょういん) 改まる無く 鬢(びん) 毛(もう)
   催せり
   児童 相見て 相識(し)らず
   笑って問う 客は何処従(いずこよ)り来たると

意味:若い時に自分の家を離れ、年を取ってから帰って来
   た。故郷のなまりは昔とちっとも変わらなかったが、
   髪は白髪まじりになってしまった。故郷の子どもたちは、
   私を見ても私が誰だかわからなくて、
   笑いながらたずねる、
   「あなたはどこからやって来たのですか」と。

響きのある、ちょっと寂しい線で書いてみました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード