2007年11月23日

詩 「いない」

CG「掃」

 



 

 

 

 


皆別々の方向へ帰って行った、
行きたい場所は同じではない、
一人の寒い部屋しか帰る当てのない人は
どうすればいいのだろう、
そちらは暖かいのだろうか・・・

混沌としていたものが明らかになったような気がする、
化けの皮が剥げたのだ。
もう少しでいい、
一緒にいたかった。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード