2008年01月07日

書道作品 創作 「守株 かぶをまもる」

書道作品 創作 「守株」

 



 

 

 

 


意味:時勢の移り変わりに気づかず、
   古暖簾をたよりになまけていること。
   
   むかし或る農夫が畑で仕事をしていると、
   兎がやってきて木の株に突きあたって
   参ったのをとったのが病みつきとなり、
   毎日畑仕事をやめて木の株を見守ったという故事。
                  =韓非子(かんぴし)=

物事が終わりを告げる時の様にバッと散らかしてみた。
目を背けて来た事に向き合えば
必要のない組織などは消えてしかるべし。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード