2009年04月25日

詩:「ただ ただ」

「この指とまれ」展から

 

 

 


 

 

 


 雨の中
絵を観に行く
重い足
軽い足入り混じって
一人で行くと決め
誰かと話がしたかったが
思い出などを道連れに
時に組み込まれ
傘を握り
海・・・
海までは足を延ばさないだろう


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード