2009年05月27日

詩 「何処」

船

 

 

 

 

 

 



宇宙の始まりのように
私は何処から来たのか知らない

だから今何処にいるのかも分からない
勿論将来何処へ行くのかも知る術がない

・・・「自分を否定することが出来ない」・・・


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by lucky_berry   2009年06月02日 10:23
5 はじめまして、lucky_berryと申します。書の手本を検索していましたらこちらにたどり着きました。
とってもすてきな作品たちですね!
生意気に上の詩の返し歌というわけではありませんが・・・

私は何処から来たかは分からない。
ここがどこか、行先はどこかさえも。
でも、これだけは分かる。
今、ここに、自分が存在している。
この脚で大地を踏み、この体で風を感じる。
血が体を迸り、此処で生かしてくれる。
此処がどこなのかなんてわからない。場所になんて縛られない、呑まれない。
自分がここで生きている事が分かるんだから。

よかったら、私のブログにも遊びに来てくださいね^^

2. Posted by 葛空   2009年06月04日 01:14
今晩は。

素敵な詩を有難うございます。
私なんか生きているんだか死んでいるんだか・・・
でも、もう少し積極的にならなくてはいけないと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード