2009年11月10日

一般 書道 手本0621 臨書 王羲之 蘭亭叙 おうぎし らんていのじょ 「至少長咸」

一般書道手本ー0621

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



柔らかさを強調しました。
王羲之は政権抗争が日常の貴族社会に於いて
不自然な無理をせず
時代や立場を誠実に生きた人なんだと思いました。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード