2011年04月12日

書道作品 創作 「品 ヒン」

書道作品 創作 「品」 













意味:人がら。人品。等。

買占め・・・人品を疑います。
ところで、この作品は書としてどうなのでしょうか。
疑問なので駄作にしておきます。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 東夷   2011年05月23日 02:24
初めまして。

書道を数年ぶりに始めようか と思っており、臨書についての情報を収集する最中に辿りつきました。

この場をお借りして多くを語るほどの者ではございませんが、臨書・創作作品ともに強く感銘を受け、これから自分が再び字を書き作品を作るヒントとさせていただきたいと思いました。

過去の作品もこれから拝見させていただこうと思っておりますし、更新につきましても楽しみにしております。

失礼いたします。
2. Posted by 弟子   2011年05月27日 10:45
あまり深く考えられずに、先生が自由に楽しまれた書でもいいと思います。先生が楽しまれたら、見ている人も楽しいものです。
3. Posted by 香花   2011年09月15日 15:04
5 初めまして。
書道の作品を見たくて検索している内にたどり着いたというより、事故にあった感覚です。
『品』の創作品・・・。私は、引出に見え
ます。3つの引出をたすのか、重ねるのか、「品」とは、なんだろう?と考えさせられました。3つ全てバラバラな形で、かすれているのは、人の擂れている所?などなど、私はこの作品は素晴らしいと思います。
私は、長い間書道をしていますが、これからどうしていけばいいのか解りませんでした。
でも、真っ暗だった暗闇の中から、少しだけ陰が見えてきました。
4. Posted by 米   2011年09月28日 13:05
色々と作品を見させていただきました。
私は文字を書くとき空間や線も意識しますが、何より骨格ができていないとその文字の良さが薄れてしまうように思います。
そのような点で「品」という作品は面白いと思いますが、「象」「卒」という作品は形がどうなのかなと思いました。
葛空先生はどのような考えで作品を制作していらっしゃいますか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

最新コメント
QRコード
QRコード