随筆・書道論・詩

2006年04月29日

詩:一人で流されてゆく

葉山


2006年04月23日

詩:ふざけるな

空書(そらしょ)をするブキチ

2006年04月17日

「一日」

上野動物園の鶏

 

 




 私は平成18年4月17日である。4時間が過ぎている。
 皆さんは私をどうしたいのか。あと20時間の命しかない。
 友達になれる時間はないので、知らない内にいなくなっているかも知れない。しかし、朝・昼・晩のいずれかに会える機会はきっとあるはずである。気づいてくれるかどうかである。
 人間が暦を作る前から、この日に生まれてくる運命にあった。
 どんな風ですか、今日という日は。100年前1000年前生まれた私の兄弟と少しは違いますか。
 4時間しか経っていないが、みんな何かを思っているのが分かる。時間を使っていたり、ただそれを埋めていたりしている。悩んだり、喜んだりしている。どこかで争いごとがある。圧力をかけられて苦しんだりしている。私は居る事しか出来ないが、君たち一人一人がよく見える。今日中に動く者と動かない者がある。動かそうとする者、放置する者。私は生きている内になるべく多くの変化が見てみたい。
 ある男が居る。今日は寝ないで、ずっと起きているらしい。それなりに1日の予定は立てているようだが、おそらく無理だと思う。どうも生活のリズムがめちゃくちゃだ。ちゃんと食事も摂っていないみたいだし。何か目標を持っているようだが、これじゃあ出来るものも出来ない。こういう男にとって私なんか必要ないのではないかと思う。1日をなんだと思っているのだろう。だらだらと無意味に過ごして、1日が短いという。こいつには1日が倍の時間あっても短いのだろう。私を意識した時初めて1日を有効に使い、目標も達成に向かってゆくと思うのだが。


2006年04月16日

詩:「それぞれの自分」

国分寺の花見






やる気満々の時、
透明な空間の中で
抵抗無く何処へでも行ける。

無気力な時、
濃厚な濁った流れの中で
身動き出来なくなる。

どっちも嫌いではない。
それぞれ捨てがたい
味わいがある。
どちらにも自由がある。

肉体の自由と
精神の自由。
両方にいられる喜び。
後ろめたい人生なんて
何処にもないという幸せ。


2006年04月15日

詩:「ちっぽけな希望」

詩作品「ちっぽけな希望」























 

2006年04月12日

詩:「気にならない」

詩作品「気にならない」
























2006年04月09日

詩:「ラヴェル作曲:亡き王女のためのパヴァーヌ」

都庁舎からの夜景






「ラヴェル作曲:亡き王女のためのパヴァーヌ」

眠れない夜の空
明るい星と暗い星
それは冷たい闇の中の宝石

思い出のその人は
遠くからほほえんでくれる

目を覚ましながら
近くにいる夢を見る
振り向きそうになったり
言葉を交わしそうになったり

私は此処にいる
でもあなたはいない

何処にもいないという不思議


2006年04月08日

詩:「花とアゲハチョウ」

葛飾区 水元公園の花






「花とアゲハチョウ」

林に囲まれた古い家
今年も春を迎え春を送る。

胸の隙間に真昼の太陽
子供の後ろ姿

どうしてそんなに真剣なんだ。
あきらめて、欲しかった物を手にすればいいじゃないか。
目の前にあるだろう
いつだって届くじゃないか。

お花畑の上で
蜜を吸わず
死ぬまで舞い続けるアゲハチョウ
ほほえんで落下し
蟻の餌になる。

雲が一瞬君の姿になった。
たったそれだけ
他は何も変わらない。


2006年04月06日

展覧会

葛飾区 水元公園の桜2





 
 今年は秋頃に30年間書でつ付き合いのある男2人と3人で展覧会をすることになるだろうと思います。もしかしたら、その内の一人の奥さんや彼の知り合いの女性も参加するかも知れません。
 展覧会って一体何のためにやるのだろう、と改めて考えてみようと思います。観に来てくださる方のためのものなのか、或いは作品を展示する自分達のためなのか。好きなように片っ端から思いつくままの作品を展示すればいいとも思えないし、又、鑑賞者の好みに合わせてウケをねらうのも違う気がする。三人でバラバラな方向を向くのも寂しいし。どんな出来事がその期間内に起こればいいのか、ということだと思う。展覧会自体に何か訴えるものがなければいけない。こういう理由で開催いたしました、といえるような。理由。私個人の思いを述べるなら、本質的な部分で衰退してしまった書を復興させるためのきっかけにしたい。圧倒的に良質な展覧会にして、観てくださる方々を一瞬のうちに黙らせてしまえるような、少人数の鑑賞者であってもそれで完結できるような、そんな展覧会にしたい。
 3人で真剣勝負がやりたい。火花が散るような、物語を感じるような、鑑賞者の目の前で今まさに繰り広げられている事実のようなものにしたい。風流と言うより、もっと躍動的な、現実的なものにしたい。
 具体的なことは後のお楽しみと言うことでここでは提案もしないでおきたいと思います。
 美意識のぶつかり合い。それは死活問題ではない。人間個人の存在理由に関わる一大事件である。そもそも人間は生きているだけでは誰一人として満足できない。生き方が大問題なのだ。国などの権力に左右されない、それぞれ一人一人が持っている価値観。それは他人を否定することかも知れない。みんなで同じ方向を向く事への反発かも知れない。または逆に人と手を結ぶことの喜びかも知れない。それが満たされたときの喜びは生きることの喜びに繋がってゆく。それがぶつかり合うのである。これが大事件でないはずがあろうか。こういったことが作り事ではなく、真剣勝負となりうる展覧会にしたい。


詩:「そのまま」 

葛飾区 水元公園の桜






「そのまま」

交差点の青信号
横断歩道に人の頭は横に並ぶ。
よく見ると意外に何でも横に出来ている。

夜の電車の窓をつり革から見ると
左右の人の顔がある
心なく何も見ていない
そして特徴のない自分の顔

そこにあるだけで
何も発していない物体達。

そのまま把握しようとしたから
視線を避けたのだろうか。
あまりにふがいない貧弱な存在。

思いをなくせば思いは入ってこない。
でも、だから、
物体の物体でしかない形がはっきり見える。
生物も命もこんな風に見れば
非常につまらない
生きているだけ
繁殖しているだけ


2006年03月24日

詩 「古い写真」

上野 不忍池(しのばずのいけ)の蓮






「古い写真」

唯の知り合い

会ったって

時間がつぶれるだけ

嬉しいけれど

それだけ

後に何も残らない

だから

昔のことは

もういいんだ

気持ちは嬉しいんだ

だから

今は楽しくやろう


2006年03月22日

詩 「春霞 はるがすみ」

清澄庭園 きよすみていえん 






「春霞 はるがすみ」

しっかりとした歩みで
春の中を進んでいきたい。

こう書きながら
あちこち他の事を考えている。

一つのことを集中して考えなければならないとは思うが、
ほら又別のことを考えている。

言葉を読み返そうともせず
人にどう伝わるかなどと考えもせず、

輪郭のない薄い色で描かれている絵の中にいるような
油絵のにおいがしてくるような
花のにおいのような
海のにおいかも知れないし

誰かに聞いてみよう
何かはっきりイメージのあることを話して欲しい。


2006年03月18日

詩 「傍観」

土偶






薄ら寒い展開。
こちら側の期待とうらはらに
散らばってゆく。

そこには何があるのだろう。
赤くひび割れた失望じゃなければいいが。
抜け出せない泥沼でなければいいが。

余計なお世話なのだろう。
固まって動けなくなるよりはまだましなのだろう。

最後に残るのは
感情や悦楽から脱皮した
無抵抗な弱々しい本体。


2006年03月17日

詩 「何にも逃げはしない」

葛飾区 中川土手沿いの道






道ばたの雑草に風が吹き
葉を揺らしたって
雲が広がって雨になるわけではない。
なのに不安になってしまう。
もっといいことがあったはずだと思う。

アスファルトをころがり去ってゆく物は
もうそれ以上跡を残す力がない。
知っていたのか
軽く会釈してあきらめて行く。

やり残した作業を片づけよう。
時間が通り過ぎないうちに。
半分冷たくて
半分暖かい人の情。
そういうものなんだな。
もっと良かった筈なんだが、
ゆっくり行こう。
一日が終わっても
今から始まるのだから。


2006年03月14日

詩 「人」

旧古河庭園のバラ






詩 「人」

本能で生きることも出来ず、
知能は本能に引きずられ、

故に目標が定まらず、
何処にいても安らぐことが無く、
生物の中で最も意味のない生き物。

全てに理由を求め、
何一つ満足を得られない。

何もないから充実を求め、
平和を求め、
安らぎを求め、
光を求める。


Calligrapher Kakku's poetry
"Human race"

It is not possible to live instinctively.
Intelligence is dragged instinctively.

Therefore, the target is not decided.
It is not likely to be relieved wherever it is.
Living thing that doesn't mean the most in
living thing.

To all for the reason
It cannot get no satisfaction.

For enhancement because there is nothing, too
For peace
For the relief
Light is requested.


2006年03月12日

詩 「登場前夜」 

化石標本






それは出番を待っている。
感覚をとぎすませ、
わずかな変化も漏らさず感じている。

すでに計画は練ってある。
途中変更も可能になっている。

行動を起こす時は
犠牲を踏みつぶしてもかまわない。
他の人に泣いてもらえばいい。

勝利の為に立ち上がるのではない。
我慢が出来ないからだ。

それは最後に負けるであろう。
自ら進んで。

それでいい。
収まれば
それでいい。


Calligrapher Kakku's poetry
"Night before it appears"

It waits for the turn.
The sense is sharpened.
A little change is not leaked and felt by me.

The plan has already been developed.
The change is also possible on the way.

When you rush into action
You may step on the sacrifice and crush.
Other people only have to cry.

To win, it doesn't stand up.
It is because it is not possible to endure it.

It will be defeated at the end.
Willingly!

And, it is good.
If it installs
And, it is good.


2006年03月10日

詩 「たわむれ」

横浜 桜木町付近






詩作品 「たわむれ」

穏やかな水平線の中央に立ち、
透明な氷のように考える。

白く柔らかい道を歩き、
両手を振り
鼻歌を歌う。

小鳥が飛ぶ斜めの線
縦に立つ物
横に並ぶ物
それらを交差させて、
一つの絵にしてみる。


Calligrapher Kakku's poetry "Play"

Stands at the center of a calm horizon.
Thinks like transparent ice.

Walks on a white, soft road.
Both hands are sung and the shake
humming is sung.

Diagonal line where small bird flies
Thing to stand in length
Thing that queues up sideways
They are intersected,
and it makes it to one picture.


2006年03月08日

詩 「うつりゆくもの」

葛飾区、中川の風景。 






詩 「うつりゆくもの」

若い時は
いろいろな世界が待っていた。

そして一つ一つ飽きて
一つ一つ消えていった。

水面に反射する輝きのように
変化する心。

一瞬の変化は
次々に過去を飲み込んでしまう。


Calligrapher Kakku's poetry
"One to change and to go"

When it is young
Various the worlds waited.

And, it gets tired one by one.
It disappeared one by one.

To the way of the shine that reflects
to the surface of the water
Changing mind.

The change in the moment
The past is swallowed one after another.


2006年03月05日

詩 「出掛けられなかった日」

葛飾区 夕景






詩「出掛けられなかった日」

さわやかな一日、
外に行こうと思っていたが
いけなかった。

もし行っていたらどんなだったろうと思う。
想像では過去の思い出しか出てこなくて
今日の光や風と違っていた。

どうせ大した違いはないと思う一方で
何かあったかも知れないと思う。

さようなら
今日という日。


Calligrapher Kakku's poetry
"Day to which it did not go out"

Fresh day
Though it was thought that it went to the outside
did not have

I think that it might be absorbed if going what.
Only past memories are in the imagination.
It was different from today's light and wind.

The idea as anyway not very different.
I think something might.

Good-bye.
Day of today.



詩「事件」

ニシキヘビ骨格標本






詩「事件」

始めから壊れていた。
いくらいじっても修理は出来なかった。

カレンダーの日付は
H.18.3.・・・
どうでもいい。

悪夢で見た。
何故あんな事になった。
そうしなくてはいけないと思い、
後は逃げてばかりいた。

途中に何があったのか覚えていない。
最後に薄目を開けていた。
そこから見えたのは、

何かあった後の残骸。
終わった後の静けさ。
始まる気配。


Calligrapher Kakku's poetry
"Incident"

It was broken from the start.
It was not possible to repair no matter
how it fiddled.

The date of the calendar
March, 2006.
No matter.

I saw in the nightmare. 
Why became such a thing.
I think to do so.
And, I always ran away.

I do not remember what there was by you
on the way.
Opened my eyes slightly at the end.
Having seen it there

Remains after it is of something.
Silence after it ends.
Starting sign.


2006年03月04日

随筆「いさぎよさ。」

長谷川 等伯(はせがわ とうはく):松林図屏風(部分)






随筆「いさぎよさ。」

 何故、不幸になる、などというのか。何故つらいなどと言うのか。誰に守ってもらえるというのか。
 誰とも比べるもののない一人じゃないか。
 自分の才能を信じている人のなんと弱いことか。
 一番頭の悪い人は、知識におぼれている。一番頭のいい人は、何も持たない。何も持たないから、必要な物が必要な分だけ後からついてくる。始めからたくさん持っていたら作業の邪魔に決まっている。
 何も持たない人は何でも出来る。彼は何も持っていないけれど、幸せを手に出来る。欲望の全ての上にあぐらがかける。
 彼は自分の肉体も所有していないから、いつでも健康で年を取らない。むさぼらないから食べ物がおいしい。
 最も容易な事になぜ人は感心がないのだろう。これが一番大切だというのに。
 今、やっと分かった。醜い者と美しい者の違いが。
 一つでも持つ者のなんと醜いことか。
 いさぎよく何も持たなければいいのだ。無ではない。全てが入ってくるようにしておけばいいのだ。手に取らず自由に出入りさせるのだ。あるべきものが、あるべき場所に落ち着いていればいい。何も自分が決めることではない。自然に目の前に現れる美しいものは、誰のものでもない。もちろん自分のものなどではない。
 そもそも所有しないところにあった美しさを、自分のものにして汚してみたところで自分が美しくなれる訳ではないのだ。醜いままなのである。
 簡単で、幸せになれる事を人はたやすく所有に流れ、捨ててしまう。美しさに到達する坂道の途中にいるのか。きっと頑張っているのだろう。なぜなら、美しさが分かっているから。幸せになりたいと思っているから。どこから出発しても、きっとその人にふさわしい頂点は用意されていると思う。

English version続きを読む

詩「向き合う」

上野動物園のオウム






詩「向き合う」

こっちを見ている。
鋭く刺す視線。

受け止めて
真実を探る。

がむしゃらに突っ込んできたら、
相手にしない。

こっちの出方を見ている時にのみ
誠実に対応する。


Calligrapher Kakku's poetry
"It is opposite. "

Here is seen.
Glance sharply pierced.

It catches it. 
And searches for the truth.

When you recklessly thrust it
It doesn't take notice.

Only when you see an attitude here
It corresponds in sincerity.


2006年03月03日

詩「月」

江戸川の月






詩「月」

透明な空気と月
真っ黒な漆塗りの空に月
雲が照らされて
並木も照らされる。

冷たい歩道に
僕の陰
他人顔の信号機
別世界のタクシーが追い越してゆく。

つまらない嘘を
思い出に投げかけて
何処にも属さない道を
一人歩く。


Calligrapher Kakku's poetry
"Moon"

Transparent air and the moon

The moon in the sky of jet-black
lacquer paint.

The cloud is shone on and roadside
trees are shone on.

My shadow in a cold pavement.

Signal of others face

The taxi of the another world outstrips it.

I throw a trivial lie on memories.
I walk on one person road in which it
doesn't belong to anyone.


2006年02月26日

葛飾区 中川 土手 シロツメクサ





「もう一度」

下手な表現で
好かれたいのに
嫌われてしまう。

自分の読み違え
相手の読み違え。

でも本当に嫌われた訳じゃない
離れても
お互い呼び合っている
思い出を紡(つむ)いでいる。


shoart at 14:08|この記事のURLComments(2)

2006年02月25日

文章が書けない

鎌倉の月





 誰に話しかければいい。
 誰も聞いてくれていない感じがしてならない。
 虚しい。
 力が抜ける。
 でも、ある意味、海の凪のように穏やかだとも言える。
 次に来る嵐に備えなければならない。

 予想も付かない波、一人小舟での航海は気が抜けない。常にあらゆる危険に直面する。今も鮫がうろついている。音を立てないようにやり過ごそうとしている。いつでも沈んでいい覚悟は出来ている。しかし、このまま沈むのはどうにも我慢が出来ない。圧倒的な力には太刀打ちできないが、小さいなりの作戦がある。夜空に強烈に輝く星には圧倒的な存在感があるということだ。

2006年02月24日

詩作品「書」

横浜・大桟橋





詩作品「書」

何処にもない
それはそれだけ
動かせない者
人の手によって作られながら
自由にならない

美意識のみで存在し
知能を排除する

消されても消されても
必ず復活するのは
人間の最も優れた能力

固めて動けなくするのが
大きな者の意図ならば
その逆をゆく

イメージを消し
成される者

2006年02月20日

書道論「現代の人々の書との関わり方」

葛空





書道論「現代の人々の書との関わり方」

 展覧会の中などの限られた中で、外からの目にさらされることなく、出世上手だけが幅をきかせている今の書は遅かれ早かれ死んでゆく。街で見かけるロゴなどの書は、書ではないので論ずるに足らない。
 書だって他のものと同じで、指導者が悪ければ、いくら世の中に広がっていっても意味がない。それどころか悪影響を与えてしまう。
 今の人はどうなのだろう、書も一つのつまらないデザインだと思っているのか。そんなことになってしまったのか。もちろんある意味でデザインだとは思う。全てが商業と関わってしまったから利益ばかりを優先してしまったのか。あらゆる制約の中で表現して行かなければならないのはしょうがないと思う。だがどこかで補(おぎな)わなければならない。商業以外はほったらかし、という訳にはいかない。今の人は欲が無さ過ぎる。全てを同時に欲しなければ、ある一点を手に入れてもつまらなかろうと思うが、どうか。次々と手に入れても意味がない。欲しい物がなくなる訳ではない。全てを同時に手に出来ないのは当然ではある、では何故か。力が無いからである。誰だってそんな力なんて持ち合わせていない。その満たされない気持ちが表現の源になるのである。 常に補いながら全体を得るのである。手に入らなければ作るのである。自分にとって同じ意味のあるものを作るのである。人はイメージで欲する。実物よりもむしろこれを満たそうとしている。ならば、自分で作ることは可能なのである。
 あらゆる人がこのことを実行してゆけば、自然と欲するもの全てが必要になり、一方しか見えない目は無くなってゆくのではないかと思うのです。欲(ほっ)しないものもはっきり見えてくる。そういう目にさらされた時、書は他のものと同時に素晴らしい生命力を取り戻すと思いますが、どうでしょうか。
English version続きを読む

2006年02月18日

書道家葛空の詩

水元公園のパンジー





「みつけた」

よそ行きの服を着て
そのおじさんは出掛けて行った。
まあるい空気に包まれて。

何処へ行くのかなんて知らない。
その晴れやかな笑顔だけで十分です。

曲がり角で猫が一匹あくびをしている。
部屋の掃除でもするかな。
あ、そうそう、
さっきみつけた。
ポストに見慣れた封筒があるのを。


Calligrapher Kakku's poetry
"Found it. "

The Mister went out putting on one's
Sunday clothes.
Wrapped in gentle air.
It doesn't know where to go.
It is enough only in the cheerful smile.
One cat yawns in the corner.

Is the room cleaned?
It found it seeming ..encounter.. , so a little while ago.
The envelope that gets used to seeing the post.


書道家葛空の詩

ミロ「少女の肖像」





「美の極致」

ありのままに、
思った事そのままに、
何の恐れもなく、
叩きつける。

あとさきを考えず、
どんなにけなされようとも、
たった一人になっても、
最後まで成し遂げる。
これが美。

逃げる者は醜悪になり、
その質は地に落ち、
一切の価値を失う。


Calligrapher Kakku's poetry
"Perfection of beauty"

To the truth
There is not fear, and either it throws it at a
thing ..desire.. as it is.

It accomplishes it to the last minute even if
becoming only one person or spoken ill.
This is beauty.

The person who runs away becomes ugly,
and the quality falls on ground, and loses all value.



2006年02月17日

書道家葛空の随筆

ゴッホ「オーヴェルの教会」 





「心の目」

 どう書けば素晴らしい作品が出来るのかずっと考えてきた。数知れない失敗を繰り返し、数知れない落胆を味わってきた。どうしてそこから立ち直ってきたかというと、違うやり方が必ずあるはずに違いないと思ったからである。
 失敗すると、目の前に広大な世界が広がってゆく。幾筋もの道が見える。成功していると思っている時には一本の道しか見えていなかったのに。だから次に行くべき道を選ぶ事が出来た。
 その道はどれを選んでも間違いという事はなく、後戻りする必要はなかった。ただ、そのまま行ってもだめだなと思う時にはそのたび挫折した。そうすると、あしもとから幾筋かの道がまた伸びていた。
 そうして思った事は、道を選ぶごとに質が変わってきたと言う事。道が平らになってきたのだ。道ではなくて、広がりになった。空間も広がった。小さな物から大きな物まで自由に扱えるようになった。
 一つだけの道を歩いて行ってはいけない。それが道である以上必ず失敗が待ち受けている。そして失敗に至るまで行き着かなければ次の展開はない。心の目を見開いて、そこから見える全てをありのままに見る事は、見て見ぬふりをする事よりもやりたいことがたくさん見えてくる。


Calligrapher Kakku's essay
"Eyes of mind"

It has thought whether to make a wonderful work
for a long time.
Several has tasted the disappointment that cannot
be known repeating the failure that cannot be known
as for several.

It is because of  why it has recovered , there must
be sure to be a different way.

The vast world extends to the presence if failing.
The road, that is, some streaks is seen.
When thinking the success, only one road were seen.
Therefore, the road to which it had to go as follows
was able to be chosen.

The thing of making a mistake even if any was chosen
was not, and did not have to go back on the road.

However, it failed at that time when thinking it was
useless even if going as it is.
Then, some streak Kano road has expanded from
reeding original again.
The thing of which it thinks and is a thing said that the
quality had changed whenever the road was chosen.

The road has flattened.
It became not the road but an extension.
The space has extended, too.
It came to be able ..liberty.. to treat from a small thing
to a big thing.
Do not walk on only one road.

The failure waits without fail because it is a road.
Moreover, the following deployment doesn't exist
if not arriving until failing.

Eyes of the mind are opened wide a lot, it comes into
view everything seen there in the truth, and wanting
to do comes into view from turning a blined eye to to
the seen thing.



最新コメント
QRコード
QRコード