随筆・書道論・詩

2006年02月14日

書道家葛空の随筆

東京国立博物館





「書道家」

 良い書が書きたいのなら、他の追随をしてはならない。常に孤独でなければならない。世界に一つの書風しか無いという訳ではないのだから、一つの作風を規範として群れをなして集まるというのは不自然である。書道家は自分の書を磨くことだけに専念しなければならない。集中するのではない、他のことをする時間が無くなってゆくのである。有名にならなくていい。経済的に成功しなくていい。良い書を書くためには全然必要がない。又、仮に素晴らしい物が書けたとしても、それはそれだけの力では世の中に広まることはない。物というのは権力や経済力によって世の中での認知度が上がってゆく。くだらない物ばかりが有名になっているのは、権力者の質が低いからに他ならない。今の価値観で出世してきたのだからしょうがないし、いくら学歴があっても物を学ぶ姿勢が問題なのであって、同じ事を知っていても、どう使うかで天と地ほど意味が違う。物を知らない者の誠実さをむしろ私は大事にする。そういう価値の重要性を理解する権力者の出現を時代は欲している。世界の歴史及び現状がそうさせようとしているのである。一刻も早くそこに気づいた指導者が世界をリードしてゆく中心になれるのだ。


Calligrapher Kakku's essay
"Calligrapher"

Others must not follow if you want to write
good calligraphy.
It should always be solitary.
Everyone mimics one style of type because
there is only one style of type in the world and,
then, Iu's is unnatural.

The calligrapher should concentrate only on
brushing up his calligraphy.
Room that doesn't concentrate but does the
other disappears.

You may not become famous.
You may not succeed economically.
There is no necessity at all to write a good calligraphy.

Moreover, it doesn't spread to the world in the
power only of it even if a wonderful thing can
be written.
The acknowledgment level in the world goes
up in the thing by power and economic power.

Only the pile of shit becomes famous because
man of power's quality is low.
There is no other way, and the meaning is different
as the heaven and ground because it has succeeded
by the current sense of values how it uses it even i
f it is because posture in which the thing is learnt
no matter there is very an academic background
is a problem, and knows the same thing.

I value the sincerity of the person who doesn't know
the thing. I want the appearance of the man of power
who understands the importance of such value in the age.

The history and the current state of the world start
doing so. It is possible to become a center where
the leader who noticed there leads the world as
soon as possible.

2006年02月11日

書道家葛空の随筆

横浜夜景





術の力」 
 冷静に考えてみた。
 そもそも書などの芸術や学問などは、いかに素晴らしい物であっても、世間に広がってゆく物ではない。それは個人が追求してゆく物であって、面白くも可笑しくもないことなのである。世間の人が欲しいと頭にすり込まれていることに対して行動するのは分かる。面白くなくてもその方面には積極的である。俗な欲求などがそれである。又受験もその一つであろう。これらは非常につまらないにもかかわらず、人気が衰えない。欲するとは、楽しいからでも気持ちいいからでもない。ある組織などに意図的に方向付けられているのだ。低俗な欲求も本能のように思われているが実は、国の人口維持のために仕組まれたシステムに他ならない。そうでなければ、あんなつまらない物誰も振り向かないし、とっくに禁止になっている。日常を浸食してしまうからだ。受験も国によって仕組まれている。我々は芸術や学問を日常に於いてそれほど欲しているだろうか。金儲けというシステムに組み込まれているから仕方なくやっているに過ぎない。金儲けも国の資金調達のために仕組まれたシステムなのである。
 我々は楽しさから苦しみまで操作されていると言うことになる。考えてみたところで本来なんて言うことは何処にもなさそうである。では何故学問や芸術を研究するのか。もちろん国のシステムとしての面はある。悪循環の一部として。あえて簡単に暴いてしまえば、体裁と軍事力の為なのである。科学なんてその最たる物である。今日も熱心に誰かが研究しているに違いない。
 体裁のために、相手に自分の優位を見せつけるための手段として日本の芸術は成り立っている。外国に対してである。外国は笑っているが。本当に諸外国を圧倒できる芸術とは、優位を考えないところにある、相手が共感するところにある。
 つまらなかろうが、面白かろうが、芸術にはそうした力がある。一目置かれて大事にされるのである。国も、そこに住む人々も。


Calligrapher Kakku's essay
"Power of art"

It thought calmly.

No thing that extends to begin with at the people
even if the art and the study etc. of the book etc.
are very wonderful things.
It is a thing that the individual pursues, and it is not
interesting and not amusing.
It is understood to print in the head when the
person at the people wants it and for crowding to act.
Even if it is not interesting, it is positive in the district.
A common desire etc. are them.
Moreover, the examination might be the one.

These do not decline in popularity though this is
very trivial. It wants it because of pleasant it is not
because of happiness.
The direction is intentionally put on a certain
organization etc.

Just the system planned to tell the truth for the
population maintenance in the country though a
vulgar desire is thought instinctively.
Otherwise, such every thing doesn't turn around trivial,
and either a interdiction already.
It is because daily life is eroded.

The examination is being planned by the country.
Do we want the art and study too much in daily life?
It only does reluctantly because it is built in the system
named the moneymaking.
The system from which the moneymaking was planned
for raising of funds in the country.

We will say the operation from the enjoyment to suffering.
There seems to be no what originally says even if it
thinks anywhere.
Then, are study and the art why researched?

Of course, there is respect as the system in the country.
Partially of the vicious cycle.
For appearance and military power of dare easy exposure.
The science is the barrel thing.
Someone is sure to be researching ardently today.

The art of Japan consists as a leverage to show off my
precedence to the other party for the appearance.
It is Shite in the foreign country.
Though the foreign country is laughing.

It is really in the place where the other party
sympathizes in being in the place in which the
precedence is not thought with the art that can
overwhelm various foreign countries.

Such power is in the art though it is trivial though
it is interesting.
It is valued acknowledging the superiority.
The country and people who live there.


2006年02月10日

書道家葛空の詩

旧新橋駅舎





「季節」

あれは夏の出来事だった
しかしもう覚えていない
誰か教えてくれ
何処かに行ってしまった記憶を

夏の終わりから

冬へ
季節は移った

涙もろくなった心には
テレビに映ったペットの犬の死は
耐えられない
昔飼っていた金魚を思い出させる

Calligrapher Kakku's poetry

"Season"

That was an event of summer and teach
someone no remembrance any longer, please.
The memory to have gone somewhere

From the end of summer to autumn
And, the season moved to winter.

To the mind that became easily moved to tears
The death of a pet dog that reflects
in the television cannot be endured.

The goldfish that had kept it in old times
is made to recall it.


2006年02月07日

書道家葛空の随筆

新宿御苑





「人との交わり方」

 50歳近くになってやっと分かったことを書いてみる。
 人との関係で自分が持っている希望は、相手から否定されない。
 そしてそれは相手を知っていればいるほど容易になる。平穏にしたければそうすればいい。こっちが壊しても本物の関係ならば必ずうまくいくなんて言うことはない。それは思い通りに壊れてゆく。
 たくさんの誤解は悪い方向にも希望する方向にも自分次第で動いてゆく。なんてすんなりいくんだろう、とこの前思った。ほのぼのとしてしまった。ありがたかった。
 そして、こういう対応が出来たのは自分一人の能力ではなくて、人との会話の中で発見したことだった。元々は書とのコミュニケーションの重要性の発見から発していたのが、人とのそれに発展したのだ。書と人に感謝して止まない。


Calligrapher Kakku's essay
"How with person to associate"

I became 50 years old near and finally
understood. It is not refused that he is wishing
because of the person by the person.
And, the more the person knows,
the more hope is fulfilled.

It only has to do peacefully so.

It is not said that it goes well without fail
in case of the relation of the real thing
even if here destroys it. It breaks according
to the desire.

The misunderstanding moves in the
direction for which it hopes in a bad direction
depending on me. I thought how easily
go going the other day.
It has heartwarmingly made it. It was welcome.

And, it was a favor to be able to do
such correspondence discovered in the
conversation with a certain person.

Having originated from the discovery of
importance of communications with calligraphy
has originally developed into the interpersonal
relationship.

I do not stop in appreciation for calligraphy
and the person.


2006年02月06日

書道家葛空の随筆

葛飾区 中川





「知るよしもない」
 
 私は書の作品を作る能力しかない。謙遜ではない。それ以外のあらゆる理想をどうやれば実現させられるのか分からない。あれこれ手を出したかったところを排除して書に集中させてきた。又書自体がそうさせた。
 世の中が理想的に変わったとしても、今のままガツガツ経済的利益を優先させて形だけの手抜きの貧しい豊かさを追求し続けても、私は同じ姿勢でずっとやっていくことしか出来ない。自分がいつまで書き続けていけるのか分からない。先のことは考えない。ある日突然死んでしまうのだから、将来の不安に脅迫はされない。人に迷惑がかからないように無視してもらえばいいことだし、相手がそう出来るかどうかと言うだけのこと。こっちの責任で無視してもらえばいい。この世に明日の予定など無い。今の世の中の人たちは、老後の不安につけ込まれて日々たくさんの犠牲を強いられているようだが、そんなの嘘だから真に受けないで欲しい。そういう人たちの老後を見てみるがいい。これ以上ないくらいの悲惨さだ。一人暮らしの老人がなんて多いことか。病を得ても、早く死ねと言わんばかりの対応をされる。
 今を良くすればいい。手応えが有ればいい。そう思ってきた。これからも変わらない。一番豊かで楽しくなれるのは今だけなのだ。目の前のコップを試しに明日動けと念じてみたまえ。明日は永遠に明日になっていくことに気が付くだろう。明日が今になっ時始めて動かせるのだ。今が満たされ納得できている人は、明日どうなっているのかなんて何の関心も持たない。この辺は私もかなりすり込まれているところだから慎重に考えてみたい。
 たとえば、今準備しなければ必ず将来つらい目に遭うことがあるとする。予定は今立てることだし、将来がやってくれることではない。不安だって、今不安なのであって、将来が不安なわけではない。この似ていることに私たちはずいぶんとだまされてきたような気がする。暴いてしまえば、将来には誰も手をつけられないのである。明日どうなるのかなんて知らない。知らなくていい。知ることは誰にも出来ない。

English version続きを読む

2006年02月05日

書道家葛空の詩

水元公園





「知るよしもない」

そのゆくえ

その所在

2006年02月03日

書道家葛空の詩

旧浜離宮庭園





「一つ一つ」

一つ一つ一つ一つ 

・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ 

二つ二つ二つ二つ二つ二つ二つ

・・・・・・・ ・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・

三つ三つ三つ三つ三つ三つ三つ三つ三つ三つ

・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・

いくつ

終わる

始まる

知っている

知らない                                        。               

2006年02月01日

書道家葛空の随筆

横浜 赤い靴の女の子






「21世紀初頭」

今日本では世間の知らないところでたくさんの芸術の花が咲いている。私の周りだけでもいくつも咲いている。とても美しい。もっと多くの人にも知ってもらいたい。自分たちの豊かさを知ってもらいたい。決して経済だけではないと言うところを。もうそういう時期に入っている。必要なところに必ず必要な物は用意されるのだ。後は目を開くのみ。ある一点ばかりを見ていてはいけない。経済も遠くばかりを見ていたからつまずいた。くたくたになったら休んでいいと思う。風に吹かれて周りを見回してみよう。先に行った者よりもいいことがある。見てください、先に行った者が遠くで転んでいる姿を。笑ってしまう。
 綺麗な花がある。みずみずしく咲いている。自分が此処で休むのを知っていたかのようにそこにある。花が照れている。じっと見る。行くべき方向を教えてくれる。疲れを取ってくれる。別の生き方さえ示してくれる。宝のありかを示す本物の地図を渡してくれる。
 花は言う。どんなに強くても、行く方向が間違っていたら意味がない、徒労だ。落ち着かなければ本当の所は見えない。どんなに遠くても回り道をしても、目的がはっきりしていれば疲れない。そして目的はあらゆる所にある。一カ所に決まっているわけではない。よく見よ。第一歩目かも知れない。そうじゃないかも知れない。現実ばかりが目的ではない。物に振り回されるな。私を見つけた時のように思いがけない所にある事もある。落ち着き安定した心に私は現れる。一言で言うなら、周りをよく見よ、と。
 


Calligrapher Kakku's essay

"The 21st beginning of century"

A lot of arts are in blossom in the book today in an unexpected point. Even only my many surroundings are in blossom. It is very beautiful. I want to inform more people of it.
I want you to know your richness. Saying only as no economy. It is already in such time.

A necessary thing is prepared in the necessity without fail.

Eyes are only opened now.
Do not look at certain one point alone. It stumbled because economy had been seen far, too. I think that you may take a rest when exhausted.

Let's be blown to the wind and look about surroundings. It might be better than the person who did previously. Look, and the appearance to which the person who did previously has fallen down in the distance. It laughs.

There is a beautiful flower. It is freshly in blossom. It is there like knowing I take a rest in this conduct oneself. The flower shines. It watches it. The direction in which it should go is taught. It is relieved one's tired body. Even another way of life is shown. A genuine map where the cover of the treasure is shown is passed.

The flower is said. A vain effort not significant when wrong no matter how it is strong for whereabouts. A true place is not seen if not settling down. If the purpose is clear even though it is very even far or makes a detour, it doesn't become tired. And, the purpose is in all places. It doesn't decide to one place. Look well. Might the first step eyes. It might be not so. A reality alone is not a purpose.

It is not necessary to be brandished by the thing. There is a thing that exists in an unexpected place like finding me, too. I show up to a mind that settles down and is steady. Look at surroundings well.


2006年01月31日

書道家葛空の詩

上野動物園のゴリラ






「久しぶり」

古い机。
引き出しの中は古い物でいっぱい。
窓からの静かな日差し。
机の上に光と陰のコントラスト。
まぶしくてよく見えない。
昨日使った筆が気持ちよさそうに横たわっている。
遠い過去の中にいるような午後一時。
太陽のにおいが思い出させるのは
古い思い出。
ピントのぼやけた映像。
過去は私を責めない。
私も過去を責めない。
そして、過去の私は過去の私を責めない。
きっと、新たに何も出来ないからなのだろう。
こんなに穏やかになれたのはいつ以来だろう。

現実の世界が全部昔の風景と入れ替わった。

Calligrapher Kakku's poetry

"After a long time"

Old desk.
It fully : with an old thing in drawing out.
Quiet sunlight from window.
The contrast of light and the shadow on the desk.
It is dazzling and doesn't see it well.
The brush used yesterday lies pleasantly seem.
1 PM that exists in deep past.
It is old memories that the smell of the sun recalls.
Image that focus grows dim.
I am not blamed in the past.
I do not blame the past either.
And, I past do not blame me past.
It is surely because anything cannot be newly done.
When it able to become calm so much?

All real worlds changed places into old scenery.


2006年01月28日

書道家葛空の詩

犬 漢時代






「良好」

良かった、
もう心配はいらない。
やっとここまで来た。
あとは時間の問題。

放っておけばいい。
何もしなくていい。
勝手に出来上がっていく。
空が認める。
宇宙が認める。

目で合図を送れば、
すぐ答えてくれる。
君は一人じゃない。

Poetry of calligrapher Kakku

"Excellence"

It was good.
Worry is already unnecessary.
It finally came here.
The matter of time.

It only has to leave it.
You may not do anything.
It completes without permission.
The sky admits.
Space admits.

If the signal is sent by eyes, it answers soon.
You are not one person.


2006年01月25日

書道家葛空の詩

15ad20d4.JPG






「異臭」

妙だが、
自分に肩を叩かれた。
振り返ると、
それは笑顔で立っている。
お互い顔を見合わせて、
挨拶を交わす。

二人でニコニコしながら・・・、
長い長い時間が過ぎてゆく。
私は彼が大嫌いだ。
彼は鮫のような目つきだから
心が見えない、
が、態度だけは親しそうにしている。
体からアンモニアのにおいがする、
違う、
周りの空気から臭って来る、
まずい、
こいつは何かたくらんでいる。

彼が小声でつぶやく。

おまえそんなに自分が嫌いか。
目を背けないで
俺をもっともっと見ろ。
気持ち悪い所がまだいっぱいあるぞ。

近づいて来て、
小声が耳元で言う。

へへへ、
やっと見つけたぞ。
おまえの弱点を。
・・・・・・・・・・・・・・・・。

声が小さ過ぎて言葉なのか
息なのか
区別が付かない。

そういえばこいつ、
物心が付いた頃には
もういたぞ。
俺がこいつに似てきたと言うことか。

2006年01月23日

書道家発掘の第一歩 -書道家葛空の随筆-

964d4842.JPG 





 「書道家の理想」

 本物の書道家というものは、とにかく商売っけがない。 
相手が誰であろうが、絶対に筋を曲げない。権力や財産力が大嫌いである。そして、どんな素人相手でも手は抜かない。それ故、出世が出来ない。いつでもお金に窮している。そんなのは当たり前の事なのである。誰だって本当は知っている。だから、本物を大切にする人は彼に対する援助を惜しまない。彼は感謝してがんばる。お金のある人は、たくさん援助出来る事に誇りを感じるのだ。
 よく考える事に、今、音楽、とりわけクラッシック以外の芸術に何故本物がいないのかと言うこと。もっと言えば、クラッシックに何故本物がいるのか。能力を生かせる場があるのであろう事は分かる。内情は分からないので、外側から探ってみる。まず、次々と若く素晴らしい指揮者が出てくる。此処では国内に限って見てゆく。まるで、砂漠にニョキニョキ大木がそびえているかの如くである。どこから水と栄養を得ているのだろう。おそらく一般人が入って来られないからだろう。一般聴衆は聴く方に限られていて、過剰な競争がないからなのだろう。もちろん競争はあるに違いないだろうが、純粋に芸術のそれに限定されていて、余計なものが入って来られないからに違いない。クラッシックの世界はとても、今、充実している。演奏家は、はっきり言って、ろくなのがいない。きっと、競争が指揮者と違って熾烈なのだろう。
 こう見てくると、書の世界にろくなのがいないのは、人が多過ぎる事、競争が激し過ぎて、本物を見落としていると言うこと、人が多いと、一番上に書いたような本物は居場所が無くなると言う事なのだろう。
 だから減らせばいいと、単純に言ったところで減るものでもない。一つ提案するとしたら、お金のある人が主催して、書の当事者ではない人達による投票で、能力のある人を発掘したらどうだろう、という事。どの範囲から選ぶかは、主催者の独断でいいと思います。なぜなら、そんな事は誰でも分かるから。分からないふりさえしなければいいのです。またいつか書の世界に本物がいるところを見てみたい。私も、そこに参加する資格のある書道家になりたい。

2006年01月22日

大切なものは形骸化し -書道家葛空の随筆-

176ffcf4.JPG 
雪の
「書の至宝−日本と中国」展



   人は大切なものから先に失ってゆく。失ってはいけないものから先に。
 何故。そう問わざるを得ない。残された者は日々の生活を根こそぎ持って行かれて、同じ場所であるにもかかわらず変わってしまった風景にとまどう。
 大切なものにもっと注目させるためなのか。ゴミは出さないようにしていればいい、出てしまった物はしょうがないので始末するだけ。深く考えなくてもいい。そういう事なのか。
 もう、言葉もない。楽しかった事も短い期間で幕を閉じ、まるで財布にあったお金が必ず無くなっていくように、一つ一つ無くなっていく。必ず無くなるのなら増やそうとする意欲もなくなっていく。増えるだけ悲しい。
 手の中の何が次に消えていくのか。おお、私は今度何に注目するのか。あれなのか、それともあれか。恐ろしい。財布の中身なんて増えなくていい。もう、うんざりだ、止めてくれ。
 そうは言ってみたものの、素晴らしいものには又めぐり会ってゆくのだろう、そして又失ってゆくのだろう。じっくり見つめさせてもらうさ。私から何が出てきても、悲しくないわけなんてあろう筈がないのは、当たり前の事なのだ。楽しくなる事がもしあるとすれば、間違えて裏返ってしまった時だけだろう。そっちの方が多かったりして。

2006年01月21日

創作手法さわり -書道家葛空の随筆-

c99514b2.JPG   





 さて、それでは一つ、私の創作の仕方を書いてみようと思います。
 創作と言っても神様ではないので、自分で全部作り上げるというわけではありません。でも、人間の手の入っていない所までさかのぼって行かなければなりません。そうでなければ、何も出来ないからです。何故か。うーん、説明すればする程わかりにくくなるとはこの事。天才でもうまい説明は無理。今はそんな事やめておいて、表面に現れた事だけ書いてみようと思います。
 
 好きな男性や女性の名前を書いてみる。全文字書くと、見え見えでかっこ悪ければ、一字だけ書く。うーん、ちょっとぐらいエロになっても可。絵画のゴヤっぽくていいかも。
 理想の人物の印象を文字にしてみる。何文字でもいい。それに合った漢詩でも和歌でも俳句でも詩の一節でもいい。
 趣味を文字に置き換えて書いてみる。盆栽、将棋、エステ、何でもあり。
 散歩の途中に見た物、感じた事。
 近代絵画の抽象画のような作品、レンブラントやフェルメールのような古典絵画のような作品。
 ペットの可愛い一瞬。
 書くポイントとしては、文字になったそれらが、そこにあるかの如く書くこと。

 今年は戌年なので、次回には犬と書いてみたいと思います。犬はちょっと怖いのですが、柴犬なら見かけが可愛いので、柴犬がつぶらな瞳で立っている姿にしてみようと思います。舌を出して、しっぽをくるりと巻いている姿です。 
 

2006年01月20日

書道家の道(修練と古人との対話) -書道家葛空の随筆-

a3ef419c.JPG  





   書には学校でするような勉強は必要ない。ある基準に達していれば合格などの成績は無意味である。ある期間内に努力すれば必ず手に出来る要素は書の何処を探しても見つからない。わき上がる感動との出会いで発見すものがあるが、いつ訪れるか誰が保証できよう。部分部分で上達するする順位も人によって違う。人の目にとまりやすい部分を先に手にした人が、渋くて目立たない部分を先に手にした人よりも評価されて、後者が劣っていると思いこみ、私は書が不得意だ、なんて言うことになったら、大変である。書にはむしろこの渋い部分が大切だったりするのである。本当に大切なのである。
 書には、順位ではなくコミュニケーションが必要なのである。形だけの偽物なんていらない、一生の間には得られないかも知れない本物を求めなくてはならない。自分の時間で、落ち着いて、焦らず、あきらめず。
 その為には今何をするべきか。日々の鍛錬が教えてくれる。臨書である。絵で言うところのデッサンである。デッサンが単に形の写し取りではなく、感動の写し取りである如く、臨書は、自分のあこがれに達するために用意された手段でなければならない。感動とのコミュニケーションとでも言うべきか。
 他人の優れた臨書を観ると、何でもなく簡単にぽっかりと自分のやりたかった事が出ている事がある。狭く閉じこめられていたものが、急にすらっと展開して、心地よさに体の力が抜けてゆく。これも大事な出会いなのである。自分も又、他人に示さなければならないのは言うまでもない。

2006年01月18日

帰宅

一人じゃない時も
一人の時も
楽しい時も
そうじゃない時も
昔も
今も
同じメロディーが頭の中で鳴っている。
帰れ帰れと呼んでいる。
懐かしく悲しく呼んでいる。
もうやめろと言っている。
出て行った時そのままで待っている。
とうとう帰ってしまう。
ああ、そうそう、こんなだった。
じっとしてしまう。
なんだかみんな忘れた。
何をやっていたんだか。
すとんと座り込み、
意味もなく
あっちを見ている。


2006年01月16日

表現とは何か。

74a794c3.JPG

 




 鑑賞者は、ある作品の前に立ち共感する。それは、作者の意図と違った部分に対してかも知れない。作品が伝えているのは何なのか。
 作者とは、何をする人なのだろう。悲しみを伝えているのか、喜びを伝えているのか。意図するところを伝えられないなら、何も出来ないと言うことか。そうじゃないと思う。
 作者は目的にたどり着こうとはしない。手法にこだわる。依るべきただ一つの手法。書では陰陽という。唯一陰陽。これが鑑賞者の共感を呼ぶ。あらゆる感情をかき立てる。
 思えば、そこから派生して、木の枝葉のようにあらゆる物が広がっていった。根本さえ押さえておけば、どの葉にも同じに行き渡たれる。
 
 ちなみに、陰陽とは、物の裏表ではなく、磁石のプラス・マイナスのような作用なのではないかという気がする。


2006年01月15日

私にとっての書

395680a6.JPG 




 
  深い霧に閉ざされた想像も出来ない遠い所に表現したい何かがある。
 手探りで右も左も分からない中を進んで行く。
 わずかに太陽の輪郭が空の一廓に見える。これを古典と呼ぶ。 
 たったこれだけの手がかりさえ見失うことがある。   
 そうなったら、じっと時の来るのを待つしかない。     
  霧の晴れるのを待つ。
 でも、やっぱりいつまでも晴れる事は無く、わずかに太陽が見え始めたらゆっくり臆病に歩き始める。
 気の遠くなるような時間歩き続けて、やっと目的地らしき場所に辿り着く。しかし、確信があるわけではなく、感覚だけを頼りにそこだと決める。
 確信がないから、しょうがないのでとりあえず墨を紙に置く。
 情報がないから全神経を開放する。
 恐る恐る半信半疑で書き終える。
 書いた物の周りをぐるりと歩き回り、少しずつ離れてゆき、離れた所でまた歩き回る。
 うっすら見える太陽を頼りに、次の目的地を決める。
 まだまだ行かなくてはならない場所が待っている。
 
 

2006年01月14日

書はどんな表現に適しているのか。

8ce147a2.JPG






 書は基本的に、白い紙に黒い線で書く。
 私が選んでそうなったわけではない。はじめからそうだったのである。
 いや、歴史の中で、はじめは色々選んだのかも知れない。
 色は中途半端である。ある色を使ったら最後、バランスがとれるまで他の色が必要となってくる。動きで生命感を出そうとする書にとっては邪魔なのである。というよりも動きでどんな色も出せるのである。そういう理由で一番扱いやすいのが黒だったのであろう。
 書の黒は決して強い色とは限らない。黒を見せるためだけに黒を使っているのではない。つまり一番意味のない色だから使っているといえよう。ルノワールの黒は強く感じる、そのつもりで使っているからだ。
 薄い墨を使って色が出てしまっている作品では、線の動きで他の色を補わなければならない。色の感覚と色を出せる技量が必要となるのである。その感覚の優れている人のみに許される表現といえよう。真似だけしても、手本の形だけしか理解できない場合と同じで、何の表現も出来なければ生命感もなくなってしまう。
 絵や音楽にしかできない表現など無いと思う。書もそうである。私は理由があって書を手段にしているのではなく、やりたいこと全てを書で出そうとしているのである。
 馬鹿にもなれる、強くも、弱くも、精神的にも、具体的にも。あこがれから落胆まで何でも書いてみたい。それが本当に出来たら、あと他に何が欲しいだろう。
 書はそれが出来ると強く確信する。そもそも、そういうものだったのだ。伝統にこだわり形だけ伝えていって何の役に立つのだろう。そういうことはコンピュータ等の機械の方がよっぽど正確だ。人間は具体的な形よりも、充実した精神や気持ちの方を手にしたいのではないかと思うのである。
 特に書が得意だと思っている人は、決まった表現を決まった書のイメージにしないで、その書に対する愛情でもって、今までにないイメージを持ち込んでもらいたい。そして、あまり書は得意ではないと思っている人は、書の形に捕まらないように、今の自由を持ち続けてもらいたい。
 つまり書に適した表現など考えない方がいいと言うことになる。

For what expression is calligraphy suitable?

Calligraphy is basically written on white paper in a black line.
I did not come to choose so. It was so from the start.
No, cannot able to have chosen variously and to know the start in the history.
The color is halfway. Other colors are needed until can the balance at the end when a certain color is used. It is obstructive for calligraphy to which it tries to put out the life feeling by movement. Any color can be put out by movement of dependence. It was easy the most much to treat might have been a black on that score.
The black of calligraphy is not necessarily a strong color at all. The black is not used only to show the black. It can be said that it will use it because a color not significant. It is because of use of that it is felt that Renoir's black is strong.
In the work of which the color has gone out with a thin Indian ink, it is necessary to supplement other colors with the movement of the line. The capability that can show the color sense and color is needed. It can be said the expression permitted only by the person with an excellent the sense. Thoroughly to the case to be able to understand only the shape of the model only even if it mimics it it is not possible to express and the life feeling is lost.
I do not think that there are an expression etc. made only the picture and music. Calligraphy is also so. I is the reason and do not make calligraphy a means but try to put out wanting do by the book.
It is possible to become ridiculously, and mentally, and concretely ..strong.. ..weak... I want to write all processes from the yearning to disappointment anything. What do you want in the and others if it can be really done?
It is strongly convinced that calligraphy can do it. To begin with, as such. The tradition might be told only the sticking to type and it be useful ..what... The machine such as computers so is greatly more accurate. Man thinks that he wants to obtain the spirit and feelings enhanced more than concrete shape.
Especially, the person who thinks it is good at calligraphy wants you to have without making a decided expression the image of a decided book in love to the calligraphy, and to bring the image that not is before in. And, the person who doesn't think it is so good at calligraphy wants you for the shape of the book to keep having freedom today so that it is not caught.
It will be said that you should not think about the expression that is appropriate for calligraphy in a word.


2006年01月13日

思い

2666d80d.JPG







何を見ても
新しい気がしない。

以前からそこにあったものは
以前から知っていたような気がする。

人の気持ちに触れて、
その人が全く自分と違う人生を歩いていたとしても、
自分のことの様になってしまう。

他の人を理解することなどいらない。
なぜなら、
それが安定した量を保っていないから。
自分の能力を遙かに超えているから。

人を理解せず、
自分のことにすることに対して
罪悪感はいらない。

だから新しく感じられない。
かといって古くも感じない。


2006年01月11日

旅立ち

風景写真






昔は無意味に見えた
あの景色、
それが今では
風がそよぎ
緑の香りもさわやかに
この身を包む。

見渡せば、
双眼鏡で見ているかの如く
全てが近くにある。

今こそ出発と決めたその時、
第一歩が始まりなら、
この足を踏み出そう。

困難は、
すでに踏みつぶされる存在にしかすぎない。
つらい事しか無かったのなら、
それらの上に
力を込めて
ゆっくり平らにしてやる。

止められる者があるなら
止めてみよ。
それが出来る者よ、
名を告げよ。
姿を見せよ。
膝を屈し、
うなだれ、
ここから去るから。


2006年01月03日

謹賀新年

風景写真






少し遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。

今年も、温故知新の精神に則り、古き物を大切にし、新しき物に挑戦していきたいと思います。
まだまだ、新しい事にはあまり触れていませんが、
今年は何が出来るか、可能な事から手をつけていきたいと思っています。

ティラノザウルスは古過ぎでした。


2006年01月01日

近況

風景写真






何か出来ると言うこと、
何も出来ないと言うこと、
違いは何処。

海へ行っても、
街を歩いても、
友と話をしても、
その答えは、
何処にも無かった。

何かしたいんじゃない、
何も出来ないことがいやなんじゃない。

当たり前に、
当たり前に、
そうなってゆくのを、
ただ見ていたいだけ。


2005年12月28日

夕暮れ

風景写真






横浜の暮れかかった景色
冬の景色
馴染みの景色

風が吹いていた
人とすれ違った
歩いた
写真撮影を頼まれた
道を聞いた

暗くなる前に写真を撮ってしまおうと
景色を求めて走った
浮いて空気の上にいるみたいだった
走っていない
飛んでいる

礼儀正しく人が言葉を交わす
礼儀正しく時が行き過ぎる

2005年12月24日

書の楽しさ。

書の楽しさ。






 今、誰でも書道家を名乗ることができる。だから価値があいまいになり、書は安物になってしまった。松茸は高いからみんなが欲しがる。しかし椎茸のように安くなったら、それほど欲しいという願望が無くなる。手に入っても喜びが薄くなる。優れた作品の評価があいまいになり、量産レベルの作品と価格が変わらなければ、作る方も気を抜く。
 心に響く作品を安物扱いにすること。作家に緊張感がなくなり、いい物が作れなくなること。この二つで書は衰弱していった。

 今私は、現状を書いた。現実が善というなら、戦争は永遠に終わらない。人にはこうあって欲しいという希望がある。

 書に携わって、古典等に触れていると、現状を憂えないわけにはいかない。

 書の作家は、もっと、希少価値のある、質の高い物を書かなければならない。なかなか手に入らないが、欲しくてたまらなくなるような。どうすればいい。こっちが、いくらいい物を書いても、いらないなら、価値は高まらない。こっちにも書いていける生活力が無くなってしまう。今の時代、しょうがない所がある。生活苦の中で、いい物を書き続け、作品が後の世に認められるというのはよくある話だ。それだって、パトロンがいての話だ。今の時代、貧乏な芸術家が暮らしていけるような家も、パトロンになれる個人もあてには出来ない。

 私は訴える。いい物を欲しがってください。他人との比較ではなく、本当にいい物を。

 作家は自分の出世だけを考えているのではない。他人とも共有できるいい物が作りたいのです。人の世は競争や弱肉強食だけでは終わらない、と言うことを確かなものとして確認しようではありませんか。

 この時代に生きている人間として、大事な物をとぎれさせない義務があると思います。

 そうした基礎が、しっかりした上で、初めて書を楽しむことが出来るのだと思います。


2005年12月21日

展覧会会場にて

とんちき1






とんちき2

 

 

 


八王子の展覧会会場の一コマ。
来場者のご希望で制作をしたり、持ち込みの作品を拝見したり。
充実したひとときです。


遠望

風景写真






遠い山並みを見ていると、
私のいる周りの景色の元の姿を彷彿とさせる。
町並みは一時的な飾り付けに見える。
クリスマスツリーのような。
この薄皮一枚の中で
日々の生活が営まれている。
どうも心細くなってしまう。


2005年12月20日

ちょっと一休み

7b18fd9b.JPG








「冬の散歩」

家を出た途端寒い。
今日は風まで強い。
やめようか どうしようか
思っている内に歩き出していた。

週末の散歩。
行きは、目標を決めて、
気の向くまま写真撮影。
帰りは、その場の気分。
体力の具合と、
地図と相談して行き先を決める。

夏の暑さは、我慢が出来るが、
冬の寒さは、我慢するにも
決心が必要になる。
もう帰ろう
もう帰ろう
と思いながら、
何回も もう少し行こうと決心する。
血の巡りも
寒さのせいか悪くなり、
膝が痛み出す。
そして、やっとの思いで家に帰る。

デジカメの画像を観たら驚いた。
なんて青い空なんだ。
なんて澄んだ空気なんだ。
輪郭もはっきり。

日は短いが、
その短い間の 
なんと鮮やかなこと。

膝に注意しながら
寒くて美しい季節を
もっと楽しんでおこうと思った。



最新コメント
QRコード
QRコード